【かなもり屋】大正ロマンを表現し安心国産のお米で握られたおにぎりを堪能!

こんにちは、おにぎりマイスターの川島です!
今回は、門前仲町にある【かなもり屋】にお伺いしましたので、その感想を書いていきます!
大正ロマンを表現し安心国産のお米で握る、【かなもり屋】のおにぎりとは、一体どんな味なのか是非、最後までお読みください!

【かなもり屋 アクセス】

門前仲町駅から徒歩5分弱の場所に、【かなもり屋】はあります!
付近には、寺院や跡地等日本の歴史が多く残る下町感が感じられます!
さらに住宅街もあり、少し完成で住みやすさもある街並みです!

【かなもり屋について】

大正9年に創業し、「現代の大正ロマン」をテーマに、ハンドメイド雑貨と身体に優しい食べ物を販売している「かなもり屋」!
新潟の南魚沼産コシヒカリを産地を店内で精米、ふっくらと炊いた逸品を、提供しています!
おにぎり以外にも、新潟のお米を米粉にした米粉菓子や、米粉のシフォンも絶品です!
販売している雑貨も、厳選し良いものだけを販売!
美味しいお米と美しい雑貨が堪能できるお店です!

 

 

おにぎりは産地直送の魚沼産コシヒカリ100%を使用との事!
最高のお米を精米し、握られるおにぎり楽しみですね!

店外では、草履等の雑貨も販売していますね!

 

店内には多くの雑貨が販売されています!

 

販売しているおむすびは塩、しゃけ、梅、こんぶ、まぐろ節の合計5種類!

今回購入したのは、「しゃけ」、「まぐろ節」、「はちみつ梅」の3種類です!
値段も安く、リーズナブルでした!

【まぐろ節 120円】上品な甘みが感じられるまぐろ節!

あまり聞いたことのなかったまぐろ節!
実際に食べてみると、おにぎりにとても合っていて馴染みのある味わいが堪能できました!

しっかりと固めに握られたご飯は、海苔がなくても崩れない程!
一粒一粒が輝いていて、とても綺麗ですね!
小ぶりながらも、おにぎりの良さがギュッと詰まっているのが分かります!

まぐろ節を食べて行くと、燻製の香りが少なく、節自体にもそこまで癖の少ない旨みが特徴!
ほんのりとした甘みが、より上品さを演出しています!
おかかおにぎりとは違った美味しさが味わえる、オススメの具材ですね!

【しゃけ 120円】粘り気のあるモチモチのご飯と、あっさりとしたしゃけの身が食べ応え十分!

今度はおにぎりの定番「しゃけ」を頂きます!

シンプルにご飯だけだからこそ、具材でもあるしゃけ本来の味が感じられます!

しゃけ自体は、脂ののりはあまり強くなく、 あっさりとした印象です!
味にコクがあり風味も豊かで、香ばしいとても良い香りがします!

粘り気のあるモチモチとしたお米と、少し硬めのしゃけの身が良い具合に混ざり合い食感が気持ち良いです!
定番ながらも、鮭の旨味が存分に引き出ているのが感じられる美味しさでした!

【はちみつ梅 120円】甘みと酸っぱさのある果肉は、後味が良くとても食べやすい!

最後はちみつ梅を食べます!甘みのある梅をおにぎりの具材として使用するのは珍しいと思いましたので、とても楽しみです!

 

具材は種を取った果肉が入っています!
梅のコクとはちみつの甘さが合わさって、酸っぱさと甘さがちょうど良い!

食べて行くとまろやかな口触りで、梅の自然な甘さが口の中いっぱいに広がります!
そこにコシヒカリのご飯の甘みもプラスされることで、より甘みが増して行くのが堪能できます!
コシヒカリには、こういう具材も合うというのが分かりとても嬉しかったです!

「かなもり屋」を食べて!

大正時代から、営業をしており和洋雑貨と米粉菓子や体に優しいおにぎりを提供している「かなもり屋」!
一つ一つ丁寧に握られたおにぎりは、リーズナブルで素材の旨みが凝縮されたおにぎりが堪能出来ます!
懐かしさの中に、新しさが垣間見えた居心地の良い空間に是非、また行きたいです!
ごちそうさまでした🍙!!

次回食べたいおにぎりを紹介!!

食材にこだわり、安心で優しい味わいのおにぎりが堪能出来ました!!
他ではないような具材も食べれてとても良かったです!
次は食べることの出来なかった、「塩」、「こんぶ」食べてみたいです!

店舗情報

店舗名:かなもり屋
住所:東京都江東区門前仲町1-6-14
最寄駅:門前仲町駅
営業時間: 7:30~19:30
定休日:水曜日・日曜日・祝日
Facebook:https://www.facebook.com/kanamoriya.monnaka/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です